2014年9月19日金曜日

iPhone6で高速な電波(AXGP/WiMAX2+/フルLTE)に繋がっているか確認する方法!

祝!iPhone6!早速お店に行って色々弄ってきました。画面は大きいのに角が丸くて持ちやすいiPhoneでした。欲しい....

auとSoftBankのiPhone6はいままでよりさらに高速な電波、フルLTE(docomo)、WiMAX2+(au)、AXGP(SoftBank)が使えるようになりました。今回はそれに接続されているか確認する方法です。詳しい人が見ればおかしいところがあるかもだけどあしからず。

ダイヤラーに*3001#12345#*と入力し発信します。極秘の番号...ではなく隠しアプリが起動するだけの番号。

FieldTestメニューが出るのでServing Cellを開きます

ここでFreq Band Indicatorに41と出ていたらAXGP(ソフトバンク)、WiMAX2+(au)に接続されています。ドコモの場合は3。こう見えてもiPhoneは快適な電波を選んで繋げてくれる賢い子。なのでプラチナバンド他の電波に繋がっている時もあります。おバカな俺とは大違いです。

高速な回線を思う存分味わいます。

au 5sと6の対決。新しい電波はユーザーが少ないため、今までのiPhoneと比べると速度が出やすくなっています。駅とかだともっと差が大きいかも。


2014年9月10日水曜日

iPhone6の対応LTEバンドまとめ 5sなどと比較してみた

今回はiPhone6が対応してるLTEバンドについて書いていきたいと思います。大きな点はWiMAX2+とAXGPに対応したことです。

現在利用可能なバンド。随時更新します。
docomo Band1/3/19
KDDI(au) Band1/18/41
SoftBank Band1/3/41

各iPhoneの対応バンド
iPhone6(最大150Mbps、複数バンドを束ねるCA、キャリアアグリゲーション対応 )
docomo Band1/3/19/28(やるならB3とB19 Band3があるのでCAするのか不明)
KDDI(au) Band1/18/41(B1とB18で下り最大150のCA対応)
SoftBank Band1/3/8/28/41(将来的にB1とB8で下り最大187.5MのCA対応(推測))

iPhone5s
docomo Band1/3/19
KDDI(au) Band1/18
SoftBank Band1/3/8

iPhone5
KDDI(au) Band1
SoftBank Band1/3

こう見ているとかなり進化してきた感じがありますね。普通に使う分なら5sで十分かも。ソフトバンク版が5バンド対応、ドコモ版が4バンド、au版が3バンドとなっています。今のところ全キャリア3バンドしか使えませんが・・・将来に期待ですね。対応バンドが少ないauですが、対応バンド、帯域が多い=快適ってわけではないので要注意
docomo:150MbpsのBand3、帯域の広さで捌く
au:どこにいってもBand18が繋がる 都心では電柱に寄生したピコセルで捌いている
ソフトバンク:バンドごとに基地局の場所が違うため穴が開きにくい

Band41(2.5GHz帯) iPhone6のみ
今回の目玉バンドです。今のところ一部のAndroid端末が対応しているだけでユーザーが少なく快適らしいです。が屋内に弱い模様。当分の間は速度が出そうなバンドです。一年後どうなるかは分かりませんが・・・
WiMAX2+:下り最大110Mbps UQ整備。WiMAX2+と名乗っていますが中身はTD-LTE。そのためiPhoneでも使えちゃいます。こちらはau版iPhoneで利用可能。田舎はあまり整備されていません。
AXGP:下り最大110Mbps WCP整備 ソフトバンク版iPhoneで利用可能。 こいつもWiMAX2+と同じような感じです。

Band28(700MHz) iPhone6のみ
今はまだ始まっていませんが、地デジ用のアンテナがこれを拾ってしまうらしくいろいろ大変だとか。半年後ぐらいに始まる模様。もっと遅れるかも。いつ始まるのかがわからないバンドです。Band41が遅くなってきた頃にこいつが登場してくると思います。
docomo:下り最大75Mbps すでに対応している基地局もあるとか。
KDDI(au):下り最大75Mbps こっちも一部の基地局で準備工事が進んでいます。
Y!mobile(元イー・モバイル):下り最大75Mbps ソフトバンクにゴニョゴニョされたためソフトバンク版iPhoneで利用可能。しかし準備工事も何もまだされていない模様で他より少し遅れそうな感じがします。

Band1(2.1Ghz帯) iPhone6/5s/5 
docomo:下り最大112.5Mbps 3Gとの兼ね合いがあり都会はほとんど75Mbps メインで使われているバンド。ユーザーが多く遅い。
KDDI(au):下り最大150Mbps 都会はほとんど75Mbpsか37.5Mbps。 iPhone5がBand1にしか対応していないのでiPhone5が大量にぶら下がっているバンドです。iPhone5ユーザーが多すぎるので優先度が低く、5sやAndroid機の他バンド対応機は出来る限り他のバンドに接続しに行くようになっています。都心部では激重。
SoftBank:下り最大112.5Mbps ソフトバンクのメインバンド。こちらはガンガン112.5Mbps化されています。3Gユーザーが少ないんでしょう。ぶら下がっているのはほとんどiPhoneです。auやドコモよりは速いとか。


Band3(1.7GHz帯) iPhone6/5s/5
docomo:下り最大150Mbps こちらは都会でもガンガンやっています。普通に100Mbps叩きだす恐ろしい帯域ですがエリアが東名阪の一部に限られています。
Y!mobile(元イー・モバイル):下り最大75Mbps ソフトバンクにゴニョゴニョされたためiPhoneで使えます。大量のiPhoneがぶら下がっており最近は遅いです。

Band18(800MHz帯) iPhone6/5s
KDDI(au):下り最大75Mbps プラチナバンド。どんな田舎に行こうが基本的に繋がる。auの本命バンドだがiPhone5s増加により遅くなっている模様。

Band19(800Mhz帯) iPhone6/5s
docomo:下り最大75Mbps プラチナバンド。まだ点で展開されているバンドです。都会ではトラフィック対策として使われていますが地方では面で展開されていたりします。これからに期待。

Band8(900Mhz帯) iPhone5s/6
SoftBank:下り最大75Mbps プラチナバンド。一部で展開されているバンド。他で帯域が使われているため一部の田舎でのみ展開されています。立退きさせれば都会でも始まりそうなのでこちらもこれからに期待です。立退きに手こずっているそうですが・・・

番外 Band21/11(1.5GHz帯) iPhone未対応
KDDI(au) Band11:トラフィックの多い場所で補助的に展開されているバンド。今のところBand41の次に速いらしい。これからはAndroid端末をいかにこちらに流すかが重要になってきます。が、最近のAndroid端末はBand41に対応した代わりにBand11未対応になってしまっています。
docomo Band21:トラフィックの多い場所で補助的に展開されているバンド。こちらもBand3と位置付けが同じ感じです。

2014年9月8日月曜日

iPhone6に向けて?auがクーポンを送りまくっている模様

突如届くauからのお手紙
話題のスマホをやけに強調しています。恐らく現金(意味深)なんでしょう(
ちなみにAppleの新iPhone発表日は9/9.....ちなみに今日は9/8です。お察しです。 
中には2万円分の本人向けクーポンとご家族限定クーポンなるものとスマートバリューやらカケホプランやら書かれた冊子が入っていました。

契約中回線に届くという報告がちらほら聞いていましたがまさか解約済回線に来るとは

しかーーし、契約中のiPhone5(一括0円で別名義)回線には届いていません。契約情報見ているんでしょうか。この名義現在au未契約ですし。とか言ってると明日届いて来たりするんですよね。

iPhone6(仮)の発表が待ち遠しいです。