2015年4月15日水曜日

Android端末をWebサーバーにしてみる

HTMLの練習がてら、サーバーを立ててみました。しかし、俺が普通のサーバーを立てるわけもなく....


そう、毎度お馴染み(?)ISW11Fです。F-01Fを購入してしまい、出番が少なくなっているISW11Fですが、Webサーバーのアプリを入れてサーバーにさせてみました。


稼働率低いし、index.htmlまで打たないと見れないガバガバ仕様ですが、いずれはちゃんとした宅鯖立てて、このブログを移したいなぁ、なんて考えています。

2015年4月1日水曜日

液晶画面付きバッテリー DEEPPOWER DP-543を使ってみた

端末増えたしモバイルバッテリー1つじゃ足らなすぎィ!自分、もう一個買ってイイっすか?

という2300円という安さに衝動で買ってしまったモバイルバッテリー DEEP POWER DP-543 (10000mAh)を使用しての感想やらを書き綴っていこうと思います。
コンビニ受け取りなんだからデカイ箱は勘弁してよ・・・

ネットをいろいろ調べているとブリスターパッケージなようですが、私のはダンボール箱でした。まあどうでもいいんだけど。
付属品は本体、充電専用microUSBケーブル、取説です。ケーブルは最初充電専用だと気づかなかったので記載してあるとありがたいなと感じました。

しかし、重い。同じ10000mAhクラスのバッテリーと比較してもズッシリ来ます。一応iPhoneを何回も充電できたので、万クラスのバッテリーに相応しい容量はありましたが、中に砂でも入っているんじゃないかと疑ってしまいます。

こいつの特筆すべき点は液晶画面。しかし、液晶画面むき出しのため割ってしまいそう。

というわけでプラスチックの板を貼り付けようと思います。
なんかアレだけど、液晶が割れるよりは良しとしましょう。
端子類です。本体上部に電源ボタンと1AのUSBポート、側面に2AのUSBポート、充電用のmicroUSB端子がついています。この1Aの端子の位置は何とかならなかったのか・・・
端末を繋いでみます。LGL22を繋いでみたところ、電流と残量が交互に表示され1.2Aと出ています。2A対応端子ですが、端末側が2Aを要求しないようです。(特別出演@reoshine)
追加でiPhone5sを繋ぐと・・・2.2Aと出たのできちんと電流計は機能しているようです。意外と面白いのでついつい見入ってしまいます。他にも端末やケーブルの電流テストに使えそうな感じ。市販のUSB電流計を買うと1000円ぐらいしますしね。れおしね

他より少し劣る点もあるものの、液晶画面での1%単位表示と電流表示という他にはない機能を搭載したこのバッテリー、おひとついかがですか?