2015年11月29日日曜日

Y!mobileの151へは掛けるべからず!

Y!mobileからMNP番号を取得したので書いておきます。

GL07Sが2年走破したため、SCV31に飛ばそうとMyY!mobileからMNP番号を取ろうとしました。

「お客様の契約状況では(オンラインMNP予約番号発番を)ご利用いただけません」

MNP転出妨害工作をしたいのでしょうか。見事に拒否られてしまいました。

イラついたのでY!mobileの151についてとことん調べてみました。
http://www.ymobile.jp/support/contact/ymobile/index.html

どうやら、自動音声応答の116(フリーダイヤル)と、オペレーター応答の151(ナビダイヤル)があるようです。

ちょっと通信に詳しい人には嫌がられる「ナビダイヤル」 固定電話だとどこから掛けても市内料金になるらしいですが、ひかり電話やケータイから掛けると、カケホーダイやその他通話値引の対象にならず、さらに通常の通話より高い料金での通話になります。
しかし、海外向けと記載されている電話番号から+81を除いて0を付けると普通の国内向け番号に早変わり。044-382-0800。川崎の番号ですね。他社から掛けるときはこうして掛けるとカケホーダイの対象になってくれます。

しかーーーし!俺は自動音声の116である0120-921-156に電話をしてみました。なんとホームページ上に書かれていないMNP予約番号発番メニューが!すると....

「オペレーターにお繋ぎします」

おめぇお前自動音声ダイヤルだろオペレーターに繋いでどないすんねんwwwwwwwwwwwwwwwwwww

しかし、混雑してて繋がらない....

2分....5分.....

10分後、ようやくオペレーターに繋がりました。ま、こっちはドコモの回線から0120に掛けてるので数百円にも及ぶ料金は全部あっち持ち。

面倒な引き止め工作を想像していましたが、ソフトバンクは安いので気が向いたらソフトバンクに来てくださいって軽く言われただけであっさりMNP番号が取れてしまいました。


〜まとめ〜

・Y!mobileには151(有料)と116(無料)がある
・151に掛けるなら海外向け電話番号を国内向けに変換して掛けろ
・自動音声ダイヤルの116に掛けてもMNP予約番号を取ろうとするとオペレーターに繋がる
・要するに有料の151に掛ける必要はない
・Y!mobile by SoftBank
・ソフトバンククオリティ

2015年11月9日月曜日

WM3600RをWi-Fi中継器&イサコンにする

以前、クレードル付きのWM3600Rを2台入手するものの、使い道がなく転がっていたので遊んでみることにしました。

とりあえずできること
・Wi-Fi中継器になれる(Wi-FiをWANとしてルーティングしちゃうけど)
ちなみに、クレードルがあれば
・有線→無線LANのAPになれる
・無線→有線LANに変換(俗にいうイサコンってやつ)

APになるやつはクレードルのつまみをAPにセットしてLANケーブルを繋ぐだけなので超簡単です。こんな簡単なものを紹介しても仕方がないので、中継器の設定について書いていこうと思います。

ちなみに、後継機種のWM3800Rとかにもこの機能が付いているので、それらでも同じような設定で行けると思います。


とりあえず設定してみましょう。
192.168.0.1にアクセスします。
こんな感じで弾かれると思うんですよね。解約済だし。

しょうもないので無理やりair_mainと手打ちします。
そうするとメインメニューが出てくると思うので、公衆無線LAN設定に入りこのような設定をします。どうせお前らしか見ないだろうし端折ります。画像を参考に適当に設定してみてください。
接続先登録ボタンを押します。

アクセスポイント設定へ

接続先登録ボタンを押す

適当に入力して、「設定」を押してから前のページへ

保存ボタンを押して再起動

これで文鎮と化していたWM3600Rちゃんも中継器として生まれ変わりました。
しかーし速度が
5Mbps
お前はADSLか!ってぐらい遅い。
二重ルーター状態になっていたり、無理やり中継している(中継は理論値半減)からか、遅いのは仕方がないようです。まあ圏外になるよりはマシかな

ちなみに、AP状態ではきちんとブリッジとして機能し、既存の固定回線向けルーターと同程度(30Mbpsぐらい)の速度が出ていたのでAPモードではバリバリ使えるかな、と感じました。

しかし2台も使い道がねぇ・・・・