2016年2月25日木曜日

今更だけどBF-01Dを買ったお話

BF-01Dが近所の店舗で2000円で売っていたのでつい手が滑って買ってしまいました。LTE対応のモバイルルーターとしてはかなり安い。
バッファローって固定回線向けのルーターばっかり作っているイメージが強いけど、ちょろっとモバイルルーターも作っていたらしい。

そんなルーターだけれど・・・
起動が遅い。
前作(BF-01B)はAndroid1.6で動いていたらしい。もしかしたらBF-01Dも・・・
とんでもなく分厚い。
しかもかなりの重量&サイズがあり、手に持ってみるとどっしりくる
さらに、電池がやけに小さく電池が切れやすい。
しかもD世代のくせに充電端子がminiUSB。


それただの文鎮(ry

と嘆きたくなるBF-01Dですが・・・
有線LANが使える。
そこはルーターの老舗メーカーBUFFALO。無制限のぷららsimなどを入れて固定回線代わりに有線LAN運用するには良い端末だと思います。5000円前後の安価な値段で手に入るので、MR04LNをクレードルセットで手に入れようと考えている人は一度検討してみるのも良いのではないでしょうか。

2016年2月20日土曜日

中学生でも親にバレずに8729円でプリペイドスマホを持つ方法

iPhoneは高いけど・・・Androidなら十分手に入る!

この記事にたどり着いた人は恐らくスマホが欲しいけど親が許してくれない人たちでしょう。声なき声に力を。


─────────────────
学校生活に携帯電話は必要無い。
親がそう決めたんならそれが正しい。(実際私も正しいと思う)
携帯が無い為に友達が作れないとか言うのは只の言い訳に過ぎない。
携帯の有無で友情が崩れるようならそれは友達とは言わない。
そんなのは相手にすんな。携帯がなくたって自分から話しかければ友達はできる。きっかけは自分でつくるもんだ。
親の方針なんて世帯によって違うんだから、子供に携帯を持たせない家庭があっておかしくない。 それに子供に携帯やスマホを持たせないのはちゃんと理由がある。
─────────────────

そういう意見もあるけどさぁ・・・若者の現実ってものを見ようよ。

こういうのが時代に追いついていけないバカだ。老害ってやつ。これはいけない。とっとと悔い改めろ

老害の頭を変えるのは難しい。ならば隠し持ってやろうじゃないか

丁度良いことに、世の中にはプリペイド(先払い)タイプの格安simがある。これを使わない手はない。


ちなみに、simカードとは携帯電話の契約情報が入った小さいチップのこと。基本的にどのケータイにもこれが入っている。こういうやつ

その中でも格安simとは
1.ドコモの設備を借り上げ安く提供 使うにはドコモ端末かsimフリー端末必須
2.使う電波はドコモと同じ 田舎でもOK
3.安い分、ドコモから設備をいっぱい借りれないので動画やダウンロードが遅い
というもの。このsimを挿した端末が格安スマホと呼ばれている。
遅いと言ってもYouTubeの超綺麗な画質が見れない程度なので、普通に使う分には不自由ない。




続いて端末の用意。1万円切りの端末が中心。2番と3番はAmazonへのリンク。コンビニ受け取り&コンビニ払いが可能なので家に届いてしまう心配はない。

1.秋葉原に行けて中古でもOKな人
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/20160220_744594.html
秋葉原の実店舗で売られている中古のXperia。LTE対応。在庫がいっぱいあるらしく5980円。2年前のモデルだけど、サクサク快適に使える。秋葉原に行ける人ならこれ。

2.新品じゃないと嫌な人
Acer Liquid Z200 Android 4.4 / AndroidデュアルSIM&SIMロックフリー / 4inch ディスプレイ / RAM 512MB / ROM 4GB
新品。LTE未対応。ゲームをしたりするにはゴミかなりキツいかも。上のXperiaよりスペックが低い。ネットやLINEしかしないって割り切れる人におすすめ。7480円

3.新品でスペック良いものを安く欲しい人
STREAM S 302HW ワイモバイル (ブラック)
Y!mobile(SoftBank)の端末。simフリー。9800円。Y!mobileがバラまいていたのと、simフリーであることがあまり表に出ていなかったので、このお値段でもかなり性能が高い。もちろんこの3つの中でも性能は一番。サクサクを通り越してヌルヌル動く。LTE対応だけど、周波数が合わず基本的には3G。まあ、格安simはLTEを生かせる速度が出ないので、無くても特に困ることはないでしょう。




続いてプリペイドsim。
OCN モバイル ONE プリペイド 初回SIMパッケージ 【期間型】 マイクロSIM
プリペイドで20日間2749円で使え、2159円で50日延長ができる。パケット通信だけで電話はできない。開通作業は専用のサイトにアクセスし、自動音声ダイヤルに電話を掛けて、端末にAPNという接続先情報を設定するだけ。しかも、お金がなくなったり、没収されてもプリペイドだからいつでもやめられる。 クレジットカードを登録すれば月980円のプランへ移行も可能

ちなみに、一万円払えば一年間使えるものもある




先ほど紹介した5980円のスマホと、2749円のプリペイドsimを組み合わせれば8729円という破格値で外でも通信のできるスマホが手に入ることに。
スマホがほしい皆さん、ぜひ一度自分で格安スマホを構築することに挑戦してみてはいかが?

2016年2月16日火曜日

開くだけで通信制限になるサイトを作った

anrtv.luna.ddns.vc/pic/road.html

いいか!開くなよ?絶対にだ!


天体望遠鏡画像のcygloop.jpg。一年ほど前にLTE/4Gで開くと通信規制にかかると話題になっていた。なんとこいつ、一枚900MBもある。その分超綺麗。(1.7GBのcygloop.tifもあるけどファイル形式が特殊なので割愛)

そんなcygloopであるが、最近、YouTubeに動画上げ出したりする連中が現れたり、ちらほらと見かける機会が増えてきた。

しかし、開くと通信速度が規制、と言われても携帯回線は一か月7GBとか5GBとか使えるわけで、900MBの画像では意味がない。しかも海外サーバーなので速度が出ない。


ならば、国内にサーバーを何個か作って同時に読み込めば速いのではなかろうか。
俺天才。


というわけでcygloop.jpgを7枚読み込み、規制にかかるまで通信させるというとんでもない神極悪サイトが完成しました。

それがこちら(間違えてでもLTEで開くなよ!)


何かの読み込み画面に見えるけど、これは嘘。パーセンテージは90%で止まり、パーセンテージとは関係なしに裏で画像を読み込み続けます。
余談ですが、私の知人に艦これの情報サイトと称して送り付けたところ見事に釣れました。



嫌いなアイツに送りつけるもよし。大好きなあの子にプレゼントするもよし。
用法容量を守って正しくお使いください。

ブッチチチブリュリ

2016年2月10日水曜日

ocnモバイルoneプリペイドを500円で買ったので開通させてみた

秋葉原の某所でocnモバイルoneが販売期限が今月末という理由で500円でした。開通期限は販売期限の3ヶ月後。プリペイドなので、クレジットカードの持てないJKでも使えちゃいます。

というわけで即買い。 20日のsimと、50日の延長パック。合わせても1000円
ocnモバイルoneプリペイドには20日50MB(突破後200kbps)の期間型、3ヶ月間で1GB(低速モード無)の容量型、延長パックがあります。

容量型はドナドナに大人気なようで標準サイズのsimしかありませんでした。しかも昨日、容量型は全部売り切れたらしい。

開通作業を済ませ、転がっていたF-01Fにsimを入れてみました。ちょっと遅いですね。
一日50MBを突破しても200Kbpsが無制限で使えるので、RadikoやTwitterのUserStreamを流すのには最適だと思います。

なお、開通時には住所を入れる必要がある上、後からマイページログイン用のパスワードが記載された会員証が家に届くらしいので、親バレしたらマズい学生さんなんかは気を付ける必要があると思います。

0simに月末に一気に流すのは危険かもしれない

巷で話題のso-net 0sim。私も1/31日に開通させ、その日のうちに450MB程度まで使ってみました。
その後通信せずに月を跨いだのですが・・・
ハァ!?
翌月に通信したことになっとるwwww


恐らく、使用量カウント系の処理が間に合わなく、日付が変わるちょっと前に処理が走ったのだと思われます。日付が変わってちょっとしてからの方が僕的にはうれしいんですけど・・・・・

ともかく、0simを月末に一気に使おう、なんて考えている人は注意した方が良いと思います。