2016年9月27日火曜日

1000円で24ポートのスイッチングハブを入手しました

どことは言いませんが、秋葉原のある場所で見かけたのでつい買ってしまいました。FXC製のES1024V2です。
電車で自宅まで輸送します。

VLAN設定されたままコンソールがパスワードロック、なんて文鎮としても使えない文鎮コースも想像していましたが、特にそんなこともなく普通に利用できました。ただ、SFPポートと共有の21~24ポートは少々クセがあり、アクセスランプが点滅しないようです。

ハブの代わりにWi-Fiルーターを何台も繋いでごまかしていたのでかなりすっきりしました。

ああ美しい・・・・

SFPポートが4つもついています。使い道はないですけどね。

写真を撮り忘れてしまいましたが、ファンがうるさかったので分解してファンレス化してみました。~10ポート程度ではファンレスでも余裕で行けそうです。

コンソールの接続ケーブルが届き次第、VLANなども試してみたいと思います。

2016年9月22日木曜日

16GBで399円の超激安USBメモリを買ってみた

秋葉原ではストレージの熱い価格戦争が繰り広げられており、HDDやUSBメモリ、SDカードなどが恐ろしいほど安く売られていたりします。

秋葉原で400円前後だと8GBの価格帯ですが、これだけ16GBで399円でした。税含めても430円です。
ちなみに、Amazonを見てみると同容量のものが900円前後で売られています。
画像が小さく指で見ずらいのですが、パッケージの左下に海外向けの製品のため日本国内ではサポートが受けられないと表記されています。逆輸入モノなんですね。
品番はUENS-016Gというもののようです。

さっそく開封の儀です。

すごく・・・薄くて小さいです・・・

使用するときには、端子の関係上裏表逆に刺す必要があります。見た目を求めてはいけないようです。

CrystalDiskMarkのベンチマーク結果です。遅いですが、値段からすれば十分でしょう。

激安USBメモリやSDカードを見かけたらぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

2016年9月21日水曜日

iPhone6sのFieldTestでCA先のバンドを確認する方法

すでにiPhone7な世の中ですが、iPhone6sのFieldTestでキャリアアグリゲーションが確認できたとRedditにスレッドが立っていたのでまとめてみたいと思います。

これ使ってぶっ壊れるようなことはありませんが、あくまでも非公式な機能なので自己責任でお願いします。

要約すると、
Connected mode LTE Intra-frequency Measurement
メニューの中にある、
EARFCNが1だとCAしている、ということらしいです。

上から2つ目の項目です。


EARFCN欄が1なのでCAで接続されていることがわかります。SubframeNumber欄には、CA中にCAで束ねている電波(セカンダリ)の周波数がEARFCNで表示されます。

以上が確認する手段ですが、通常のバンド表示よりもさらにクセがあり、表示されない場合が多々ありました。再起動を掛けると表示されやすくなるので、お試しになる方はぜひ再起動してみてください。

2016年9月8日木曜日

ダイソーの100円5LED卓上ライトを11LEDに魔改造してみた


ダイソーで売られている100円の卓上5LEDスタンドです。電球色のLEDが5つ搭載されており、しっかりとしたアームも付いているという、とてもお得なライトです。しかもこの手のライトに多い、単四電池ではなく、単三電池で使えるところも良さみが深いですね。

しかし、そのまま使っても面白くないので、100個200円ぐらいだったLEDを追加してみようと思います。
ドライバーでほじくり回して穴をあけます。 

LEDを追加していきます。

数の暴力ってやつです。

ついでにUSBでも使えるようにします。

うおっ眩しいwwwwwwww

しかし、スタンド部が軽すぎて倒れてしまうのがUSB化の難点ですね。いずれ改善していきたい点でもあります。

部品代数十円で良い仕上がりになるのと、未改造でも優秀なライトなので、ダイソーでこいつを見かけたらぜひ一つ捕獲してみてください。