2016年10月26日水曜日

GalaxyS6edgeの解像度をWQHDからFHDに下げてみた

wm sizeというコマンドを使うとで解像度が弄れるようだったのでFHDに落としてみました。

wm size
で解像度の確認

wm size 1920x1080
とかやってやるとその解像度になります。

しかし、表示が荒れるやSystemUIが落ちまくるやでまともに使えません。

同じようにwm densityでdpiを調整して普通に使えるレベルになりました。


これでもエッジスクリーンとブートロゴの表示がおかしくなります。
あまり軽くなった感もないしそこまでおススメできません、はい。

2016年10月24日月曜日

OrangePiを激安Webサーバーとして使う


1400円でRaspberryPiのパチモノが手に入ってしまった、というお話をしましたが、こいつでサーバーを立ててみたので書いていきたいと思います。

必要物資
OrangePi One 本体(Aliexpress):1400円
秋葉原で売っていた激安16GB microSD:400円
ハードオフに転がっていたACアダプタ:100円
お名前comでセール中だったxyzドメイン:30円
無駄な労力:プライスレス

VPS二か月程度の初期費用、月々数十円のランニングコストで手に入る計算になります。

~やったこと~
公式サイトからOrangePi One用のRaspbianをダウンロード(他のディストリはLANを認識しない)
imgをisoに拡張子変えてSDカードに焼く
SDが4GBしか認識されないので領域拡張(raspi-configは動かず)
apt-get update
apt-get nginx
nginxを設定
microSDの寿命を延ばすためにramdiskを仕込む

詳しくは自分で調べてください・・・・・

とりあえず、耐久テスト(?)をすべくOrangePiでサイトを公開してみました。
皆さまどうぞ奮ってアクセスください(

2016年10月21日金曜日

Nintendo Switchにありそうなこと8選

1.
持ち運び時に充電器に困る

2.
ドックの隙間にホコリが溜まる(掃除できない)

3.
キックスタンドが折れてしまう

4.
朝の電車のなかではつらくねこれ

5.
コントローラーのみ先に電池が切れてしまう

6.
テザリング勢の増加

7.
スマホのごとく画面が割れる

8.
はい!
ゲームのコントローラーを落としてす、しまったのですが!

2016年10月20日木曜日

らくらくメルカリ便が紛失したよ、というお話

メルカリで出品し、発送後、受け取り連絡が来ない商品がありました。

また受け取り連絡しない出品者に当たったかと。はい。

ポカーンとしていたら一通のメールが届きました
どうやら紛失してしまった模様。
一応、追跡上は配達完了になっているようです。

メールを読み返すと、配達完了後、紛失が発生とあるのでクロネコヤマトが悪いわけではなく、配達完了後に何かあったようです。

おそらく、配達完了後にポストから抜き取られたとか、落札者が詐欺った感じがします。

レターパックライトとかでこのような落札者に当たってしまった場合のことを考えると恐ろしいですが、今回は運営側が補償してきたので良しとしましょう。

2016年10月18日火曜日

RaspberryPi互換品、OrangePiを海外から輸入してみた

RaspberryPiの互換品であるOrangePiOneが9.99ドル、日本への送料含めても13ドルで売られていたのでAliexpressから購入してみました。

お恥ずかしながら、OrangePi本体の写真を撮り忘れてしまいました。
私の雑な手作りケースとともにお楽しみください。

CPUが違うので、本家と全く同じOSが使える、というわけではありませんが、Linuxの箱として使うには十分な感じです。

将来的にはもう一台購入して、このブログも移設したい、なんて考えています。

→2016/10/25追記 とりあえすこいつでサーバーを立ててみました

5000円台の激安中華プロジェクターを購入してみた

今回のブツはABD TECHという中華メーカーのプロジェクターです。Amazonのセールで5199円で入手しました。

安いからといってガワは安っぽくないし、コンポジットやVGA、HDMIはもちろん、光源はLED、USB端子が付いていて単体で動画再生が可能、というH0M0のよくばりセット機能満載なプロジェクターです。

というわけで開封の儀。ランプがLEDのためか、けっこう軽い。
箱が潰れていましたが、見なかったことにしておきます。

左からイヤホン、コンポジット入力端子(付属の変換ケーブルで接続)、SDカード、USB端子、HDMI、VGA、赤外線受光部になっています。
なお、2つあるUSB端子の右側は充電専用端子になっています。

部屋が狭いので、天井に投影。

解像度が低い(480p相当)なのがちょっと気になります。ただし、入力自体はFHDまでいけるので、そこまで違和感を感じるわけではありません。

天井に投影する時は、リモコンの赤外線受光口とVGA端子が底面になってしまうので、その点を考慮して設置する必要があります。

普通に使っていてもつまらないので、USBメモリから動画を再生してみました。
事前にUSBメモリを用意しておけば、プロジェクターだけで完結してしまうので非常に便利。


ちょっとクセはあるものの、お値段以上の価値を持つ中華プロジェクター。アニメ鑑賞などにおひとついかがでしょうか。