2017年6月28日水曜日

Androidでmonacoin(Lyra2REv2)を掘ってみた

今回はNeoNeonMinerというアプリを利用し、Android端末で暗号通貨のmonacoinを掘ってみます。
泥で掘れるアプリといえばminergateが有名ですが、0.1xmr(約500円)分貯めないと出金できない仕様で、数年回さないと出金できない計算になります。

インストールすると端末によってはマルウェアの警告が出ますが気にしたら負けです。
プールの設定を流し込んでからStartボタンを押すだけ。バックグラウンドでも動作します。
ちなみに、画像の通りに設定すると僕に献金することができます。どうぞお試しください。
8コアCPUのGalaxyS6edgeで80kh/s前後が出ました。これでも1日回して0.01mona(約0.8円)前後。10日後には出金できる計算です。

が、電気代を考えると赤字です。本当にありがとうございました。
(訳:よこせ MVZL187DMrEYEPcmsfc9URyD8KK1jyXDQb)


2017年5月30日火曜日

UPS(無停電電源装置)を買いました

某所にてUPSを2台買ってきました。BX50FとBY50FWの2台です。各1200円。
流石に鉛蓄電池2台を電車で持って帰るのは肩が死にますね・・・w

コンセントに続き、USB端子が付いています。古臭く見えてもWindows10公式対応で、ソフトをインストールすると停電時一定時間後にPCの電源を切ってくれるらしいです。

試しに20Wの照明を繋いでみましたが、1時間半以上点灯していました。30W程度のサーバーを常時動かしていますが、30分は余裕でバックアップできそうです。

また、100Vが取れる巨大モバイルバッテリーにもなります。停電時にウーファーで音楽を聞いたり、デスクトップPCと戯れるのも夢ではないでしょう。

2017年4月30日日曜日

RealtekのNICは本当にCPU使用率を食うのか実際に試してみた


昔からRealtekNICはクソクソ言われていますが、クソなイメージを払拭すべく、実際に測定してみました。

CPUの周波数を固定し、ファイルサーバー(BroadcomNICなC2D機)からFXC ES1024V2を経由して数GBのファイルを転送。900Mbps程度(Wi-Fiは200Mbps以上)出ていることを確認してからシステムの割り込みのCPU使用率を測定、Passmarkが3000のCPUに換算したCPU使用率値です。
面倒だったので専用の計測ソフトとか使っていません。 誤差があるかもしれないのであしからず。

Vostro 3558についてたRealtek:7.1%(Broadwell世代)
dynabook B552についてたIntel 82579V:3.7%(Ivy世代)
ESPRIMO D530/AについてたBroadcom:9%(C2D後期)

Qualcomm Atheros AR938X:8.7%(実測200Mbps時 Ivy)
Intel Centrino Advanced N 6205:7%(実測200Mbps時 Ivy)
Intel Dual Band Wireless AC 3160:8.6%(実測310Mbps時 broad )

結論 Realtekはクソ

2017年4月26日水曜日

DellのタッチパッドドライバがCPUを食い尽くす問題とその対処法

Dell Vostro 3558を買いました。Windows8でCeleron 3205UなPCです。
C2D+α程度の性能ですが、横にデスクトップPCがあるのでこいつでも余裕で事足ります。
最近のCeleronは消費電力が低く非常に優秀です。基本ファンレスで動き、高い負荷を与えるとたまにファンが動く程度です。

しかし、DELL公式からドライバを入れた後からCeleron様の貴重なリソースが食われていることに気が付きました。しかもタッチパッド操作してる時だけ。

海外の怖い人たちがLenovoのドライバを無理矢理インストールして回避していたので私もやってみることにしました。

読んでみるとDELL PLEASE FIX YOUR DRIVERS(ドライバ直せDELLのバカ野郎)と大きく書いてあります。そりゃそうだわ。

~本日のメニュー~
1.踏み台用のドライバをインストール
2.lenovo用のドライバをインストール
3.二本指タップ有効化

いつものお約束、真似して壊れても私は知りませんのであしからず。

踏み台用のドライバをインストールします。
次にデバイスマネージャにいるこいつを
こうします。
知るか

Lenovo用のドライバをインストール

Lenovoのやつにします。

これで再起動掛けたらCPUバカ食いは解消していると思います。
しかし、二本指タップでの右クリックができないのでレジストリを書き換えます。

レジストリエディタを開き、HKEY_CURRENT_USER\Software\Synaptics\SynTP\TouchPadなんちゃら
の中から
MultiFingerTapFlagsの値を3
2FingerTapActionの値を2

これで再起動をかけたら完了です。

最後に一つ
DELLさんドライバ直して

2017年3月22日水曜日

PTM-BHKという変態ガジェットを貰ったのでレビューしてみる

@tubannsaさんからもらいました。@sudosanが受け取り拒否したのでぼくに回ってきました。Bluetooth搭載の何かです。
あまり良い評価がありません(Amazon)が、きっと気のせいです。

それでは本体を見ていきましょう。表はBluetoothレシーバー。側面にイヤホン端子が付いていて、既存のイヤホンをワイヤレス化することができます。直接イヤホン刺したほうが早くね

ひっくり返すと打ちにくいqwertyキーボード。マイクとスピーカー搭載、スマホの子機として電話もできます。

しかも無駄に光ります


変態すぎて使い道がありません。だれか助けてください。


2017年3月20日月曜日

100円のジャンクWiiを買いました

秋葉原の某店でWiiを買ってきました。お値段なんと100円。ダ〇ソーかよ。
一緒にPS3も500円で買ってきました

付属品は付いてきましたが、コントローラーだけは別、本体の傍らで500円の値札が付いていました。コントローラーの方が高いってあの(

早速電源を入れてみたら、バーチャルコンソールのマリオが残っていました。(プロジェクターで天井投影したので画質は許して)

前所有者はとても愛用されていたのでしょうか

実はYouTubeも見れたりします。

500円のジャンクPS3を買いました

秋葉原のある店で500円で売られていたCECH-2000Aです。
こいつと一緒にWii(100円)も買いました。
例のシールも剝がされた跡はありませんし、外観上の問題はないようです。
恐らくBD故障かはんだクラックでしょう。PS3の故障はこの二つが大半を占めている気がします。

電源を入れてみます。

・・・・

HDDが入っていたようで普通に立ち上がりました。
これは恐らくBDドライブ故障・・・ママー!ゲームできちゃった!!!
GTAが動いているのがうっすら見えると思います。

いったいどこがジャンクなのか気になって仕方がないですが、気にしないでおきます。

2017年3月18日土曜日

ThinkPad X230の起動画面を変更してみた

Xeon(大嘘)

今回はThinkPad X230のブートロゴ(Windowsが起動する前に出てくる画面)を書き換えてみました。
一瞬で消えてしまう画面なのでどうでもいいような気もしますが、せっかくやったので自分用メモとして書いておきます。なお、あくまでも自分用メモなのであなたのThinkPadがぶっ壊れても私は知りません。

まずはここからBIOS書き換えツールを落としてインストールします。

GIMPで画像を新規作成します。一応1366x768でも通りますが、表示がおかしくなるのと、設定変更が必要なため640x480で作成するのがベストです。詳しくはC\DRIVERS\FLASH\g2uj24jp\BIOS_LOGO.TXTを見てみてください。

なお、640x480で作成しても自動で16:9に引き伸ばしが掛かるので、16:9で一度作ってから640x480にリサイズするほうがいいかもしれません。
画像をjpgでエクスポートします。プログレッシブからチェックを外してから、画像ウィンドウでプレビューにチェックを入れ、品質スライダーを動かしてファイルサイズを30kB以内に収めます。

作成した画像をC\DRIVERS\FLASH\g2uj24jpにLOGO1.jpg、LOGO2.jpgにリネームして投下します。

同フォルダのWINUPTP.EXEを実行しBIOSを書き換えます。

Are you Z97ld?

何度か再起動がかかって、起動画面が変わっていたら成功です。
(1366x768でやったので下1/3が途切れていますが)

なお、このような砂嵐になった場合は画像保存時のプログレッシブ解除忘れなので一度解除してから再度書き込み直してみてください。

2017年3月13日月曜日

ThinkPad X230を9000円で買いました

秋葉原の某店で購入したThinkPad X230です。12.5インチ、i5 3320M(2.6GHz)、RAM4GB、HDDなしです。ちなみにX220は7000円。安すぎィ!ACアダプタは2000円だけどね。

なお、HDDは7.5mm厚の変態しか刺さりません。SSDは7.5mm厚のものが多いので大丈夫ですが、下手をすると私のようにメイン機をSSDからHDDに換装するハメになります。

とりあえず余ってるRAM2GBを追加し、RAM6GB、SSD120GBの構成になりました。

キーボードの押し心地が良く、ツイッターオタクには適してるかも。

少し古いPCになりますが、下手な新品PCより性能は良く、メンテ性も抜群(部品がバラで手に入る)です。兄弟機のX220とニコイチも可能だとか。その気になれば自作ノートPCも夢ではないでしょう。


2017年3月9日木曜日

L-01Fが画面揺れ病を発病したので6ドルで直そうと思う

今回のネタはL-01Fちゃんです。画面下部が震えており、多重にナビゲーションバーが表示されています。このまま悪化すると砂嵐になっちゃうらしい。

L-01Fではあまり聞かない症状でしたが、同じG2をベースにしたisaiやnexus5ではこの症状が多発しているそうです。ま、L-01Fより発売台数が多いので当然ですかね

とりあえずフレキシブル基板と呼ばれし物が悪さをしているようなので、早速中国に注文してみました。送料込で6ドルぐらい。

即修理したいところですが、どうせ届くまで2週間ぐらいかかるのでのんびり待つことにします。

2017年1月21日土曜日

AmazonDashButtonでPCの電源を入れてみた

実はAmazonDashButton、1ヶ月ぐらい前から入手していたのですが、動かす予定だったRaspberryPiのパチモノであるOrangePi Oneの調子が悪く放置していましたが、armbianとかいうやつ焼いたら直ったので早速いじることにします。

とりあえずボタンを押すだけで煽りツイートするのに使ってみましたが、実用性の欠片もなかったのでWakeOnLANするのに使うことにしました。

ちなみに、OrangePiは送料含めてもAliexpressで千円台で購入できるのでぜひおひとつどうぞ。
DashButtonもAndroidPayの400円キャンペーンを利用すれば100円で手に入ります。


なお、非公式な使い方なので自己責任でお願いします。何かあっても私は知りません。

~用意するもの~
Linuxマシン(今回はUbuntuでやります。)
WakeOnLanできるパソコン
設定済みのDashButton
Wi-Fi環境

$ sudo apt-get --y node npm libpcap-dev

nodejsとnpmを最新版にする
参考:http://qiita.com/seibe/items/36cef7df85fe2cefa3ea

node-dash-buttonのインストールとボタンのmacアドレスを抜き出します。
参考:http://qiita.com/Sugima/items/39caa4f08ca022514a46

$ npm install wake_on_lan


dashbutton.js

var dash_button = require('node-dash-button');
var dash = dash_button("ボタンのMACアドレス", null, null, 'all');
var wol = require('wake_on_lan');
dash.on("detected", function (){
    wol.wake('WakeOnLAN先のMACアドレス');
});

たった6行のコードです。これでsudo node dashbutton.jsすれば動くと思います。


2017年1月19日木曜日

モバイルバッテリーを買いました(Aukey PB-P8)

衝動買いって恐ろしいですね。すでにこの手のバッテリーは家に5個ぐらいありますが、また購入してしまいました。はい。AukeyのPB-P8という製品です。Amazonのタイムセールで1500円ぐらいでした。今は2400円ぐらいです。

ソーラーパネルが付いています。今の時代に求められている省エネってやつでしょうか。
なお、ソーラーはフル充電に一週間必要です。エコに加えて現代人のインターネット中毒脱出も夢ではないでしょう。

ギブアップ用に普通の充電端子が付いています。ただし、普通の充電でもフル充電に7~8時間かかります。まあ、寝る前に充電すればなんとかなります。

ボタン周り。短押しで電源オン、長押しで前面にあるLEDが点灯します。

利用用途で可否が分かれるところですが、光の広がりがとても良いです。左が怪しいやつ、右がこのAukeyのやつです。

2400円では微妙なところですが、セールで大容量モバブ1000円台はAmazonでよくやっているので一度覗いてみるのもありかもしれません。

2017年1月13日金曜日

AndroidPayの400円キャンペーン、実はAmazonギフト券に交換可能だった

AndroidPay利用登録でEdyが400円もらえるという太っ腹なキャンペーンが行われていますが、AmazonのEdy払い機能を利用し、Amazonギフト券残高に追加可能なことが判明しました。

なお、途中で間違えて2万円が請求されたり、愛しの400円が消えたりしても私は知りませんのであしからず。

まずはAndroidPayをインストールし、400円を入手し、その後、楽天Edyアプリをインストールしておきます。

次にこちらのリンクからAmazonを開き、400円分のギフト券の購入手続きを行います。

支払い方法でコンビニ・ATM・ネットバンキング・ATM払いを選択します。

いつものようにポチります。

光の速さで決済リンクが乗ったメールが届きます。

コンビニ払いを多用していた方には見慣れた画面ですが、今回は一番下にある電子マネー払いを選択します。

メールアドレスを入力する画面が出てくるので、支払う予定の端末で受信できるメールアドレスを入力します。

Edy決済開始メールというものが届くのでURLを開きます。



キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!

Amazonを確認すると400円増えていることが確認できると思います。

たかが400円、と言われればそれまでですが、ケータイが5000兆台ある、といった読者の皆様にはとても有利なものになるでしょう。

最後にひとつ、カラーコーンや女装グッズ、塩25キロの購入が捗ることを心より願っております。

2017年1月11日水曜日

Amazonで999円でスマートウォッチが売られているお話


偽りなく999円(Amazonへリンク)です。はい。

U8というスマートウォッチの在庫処分(?)っぽいです。このお値段ながらちゃんとBluetoothが乗っています。

誰か詳しくレビューした人いないかな・・・・と思ったらホモフォロワーさんがすでに購入していました。
ひらちょんの中華端末隔離倉庫: 2000円のスマートウォッチを使ってみた

いろいろアレなスマートウォッチですが、999円なのでぜひ購入してみてはいかがでしょうか。僕は買いませんけど