2017年1月21日土曜日

AmazonDashButtonでPCの電源を入れてみた

実はAmazonDashButton、1ヶ月ぐらい前から入手していたのですが、動かす予定だったRaspberryPiのパチモノであるOrangePi Oneの調子が悪く放置していましたが、armbianとかいうやつ焼いたら直ったので早速いじることにします。

とりあえずボタンを押すだけで煽りツイートするのに使ってみましたが、実用性の欠片もなかったのでWakeOnLANするのに使うことにしました。

ちなみに、OrangePiは送料含めてもAliexpressで千円台で購入できるのでぜひおひとつどうぞ。
DashButtonもAndroidPayの400円キャンペーンを利用すれば100円で手に入ります。


なお、非公式な使い方なので自己責任でお願いします。何かあっても私は知りません。

~用意するもの~
Linuxマシン(今回はUbuntuでやります。)
WakeOnLanできるパソコン
設定済みのDashButton
Wi-Fi環境

$ sudo apt-get --y node npm libpcap-dev

nodejsとnpmを最新版にする
参考:http://qiita.com/seibe/items/36cef7df85fe2cefa3ea

node-dash-buttonのインストールとボタンのmacアドレスを抜き出します。
参考:http://qiita.com/Sugima/items/39caa4f08ca022514a46

$ npm install wake_on_lan


dashbutton.js

var dash_button = require('node-dash-button');
var dash = dash_button("ボタンのMACアドレス", null, null, 'all');
var wol = require('wake_on_lan');
dash.on("detected", function (){
    wol.wake('WakeOnLAN先のMACアドレス');
});

たった6行のコードです。これでsudo node dashbutton.jsすれば動くと思います。


2017年1月19日木曜日

モバイルバッテリーを買いました(Aukey PB-P8)

衝動買いって恐ろしいですね。すでにこの手のバッテリーは家に5個ぐらいありますが、また購入してしまいました。はい。AukeyのPB-P8という製品です。Amazonのタイムセールで1500円ぐらいでした。今は2400円ぐらいです。

ソーラーパネルが付いています。今の時代に求められている省エネってやつでしょうか。
なお、ソーラーはフル充電に一週間必要です。エコに加えて現代人のインターネット中毒脱出も夢ではないでしょう。

ギブアップ用に普通の充電端子が付いています。ただし、普通の充電でもフル充電に7~8時間かかります。まあ、寝る前に充電すればなんとかなります。

ボタン周り。短押しで電源オン、長押しで前面にあるLEDが点灯します。

利用用途で可否が分かれるところですが、光の広がりがとても良いです。左が怪しいやつ、右がこのAukeyのやつです。

2400円では微妙なところですが、セールで大容量モバブ1000円台はAmazonでよくやっているので一度覗いてみるのもありかもしれません。

2017年1月13日金曜日

AndroidPayの400円キャンペーン、実はAmazonギフト券に交換可能だった

AndroidPay利用登録でEdyが400円もらえるという太っ腹なキャンペーンが行われていますが、AmazonのEdy払い機能を利用し、Amazonギフト券残高に追加可能なことが判明しました。

なお、途中で間違えて2万円が請求されたり、愛しの400円が消えたりしても私は知りませんのであしからず。

まずはAndroidPayをインストールし、400円を入手し、その後、楽天Edyアプリをインストールしておきます。

次にこちらのリンクからAmazonを開き、400円分のギフト券の購入手続きを行います。

支払い方法でコンビニ・ATM・ネットバンキング・ATM払いを選択します。

いつものようにポチります。

光の速さで決済リンクが乗ったメールが届きます。

コンビニ払いを多用していた方には見慣れた画面ですが、今回は一番下にある電子マネー払いを選択します。

メールアドレスを入力する画面が出てくるので、支払う予定の端末で受信できるメールアドレスを入力します。

Edy決済開始メールというものが届くのでURLを開きます。



キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!

Amazonを確認すると400円増えていることが確認できると思います。

たかが400円、と言われればそれまでですが、ケータイが5000兆台ある、といった読者の皆様にはとても有利なものになるでしょう。

最後にひとつ、カラーコーンや女装グッズ、塩25キロの購入が捗ることを心より願っております。

2017年1月11日水曜日

Amazonで999円でスマートウォッチが売られているお話


偽りなく999円(Amazonへリンク)です。はい。

U8というスマートウォッチの在庫処分(?)っぽいです。このお値段ながらちゃんとBluetoothが乗っています。

誰か詳しくレビューした人いないかな・・・・と思ったらホモフォロワーさんがすでに購入していました。
ひらちょんの中華端末隔離倉庫: 2000円のスマートウォッチを使ってみた

いろいろアレなスマートウォッチですが、999円なのでぜひ購入してみてはいかがでしょうか。僕は買いませんけど

2017年1月9日月曜日

OCNのsimは972円で63GBも使えてしまうというお話



ゲオで1枚1円で叩き売られていたり、MR04LNやMR05LNによく付いてくるOCNモバイルONEのSIMカードですが、カードさえ手に入れてしまえば

1ヶ月目 10GB/月契約(キャンペーンで11GB) 2484円→初月無料
2ヶ月目 110MB/日契約(キャンペーンで160MB) 972円

2ヶ月目にしっかりと解約すれば1ヶ月486円、972円で15GB以上使える計算になります。実際に開通手続きを行ってみたところ、JNBのVISAデビットで開通できました。

→(1/29追記)2月からにはなりますが、30GBプラン開始により63GB使えることが判明しました

開通日の10日後を含む月が契約月となり、契約月に解約を行わなければ契約月は無料となるため

1ヶ月目(月末の10日前以降に契約)→30GB(翌月へ繰越可能)
2ヶ月目→30GB
3ヶ月目→110MB/日

で、97263GB使える計算になります。

速度はまずまずですが、値段から考えたら十分許せるレベルでしょう。

1月末までゲオで1円で販売されていますが、Amazonでも300円で売られているので気になる方はぜひ入手してみてはいかがでしょうか。

MR04LN(クレードル付)を7100円で買いました

手 が 滑 り ま し た 。 しかもクレードル付き
1/9限定で、Amazonのセールで8980円、注文画面に行くとさらに値引かれ7100円で購入できます。実はヤフオク相場は1万円超え。買わない理由はありません。(22時の執筆時点では)まだ間に合います。
MR05LN statusというアプリを利用すると簡易的なものにはなりますが、接続中のBand等も確認できます。
11acに対応しており、速度はスマートフォンから直接LTE接続するのとほぼ変わりません。そういえばクレードルが付いてきましたが、使いみちが無(ry

省電力モード時の絵がかわいい(Z97ld並感)

これのすごいと思った点は省電力モード中でもBluetooth経由で遠隔で電源オンにできるところです。カバンの奥に放り込んでいても本体を取り出すことなく電源オンにできます。

デュアルSIM対応ですが、04LNはSIM切り替えにとてつもなく時間がかかります。(MR05LNはもっと早いらしいですが) スロット破損時の予備スロット程度に考えておいたほうが良いかもしれません。
SIM変換アダプタは使用しないでください・・・・?見なかったことにしておきましょう。

あとおまけにocnのsimカードがついてきました。これについてはのちほど・・・・

2017年1月6日金曜日

1000円のライトが自室に人権を与えたよ、というお話

秋葉原で1本1000円だったLEDライトです。Aliexpressで700円程度ですが、届くまで十数日掛かることと、不良品に当たったときのことを考えれば妥当なところでしょうか。写真にはありませんが、固定用のネジと両面テープが付属していました。

このライト、このお値段ながら色が選択可能で、
昼光色、電球色と同時点灯が選択できるようになっています。ちなみに消費電流は1.3A程度、USBとはいえ、そこそこの発熱があるので注意が必要です。

右が以前から設置していた怪しい電球色のLEDテープ、左が昼光色の蛍光灯、真ん中がこの製品です。2色のLEDを搭載しているので発色は非常に良いです。

お見せできませんが、ゴミ部屋のゴミが映えています

この手のライトはAmazonでも1000円程度で売られているので、ぜひ設置してみてはいかがでしょうか

改札機やNFCで光るLEDを買ってみた

SuicaやPASMO、ICOCA、Edy、nanaco・・・他にもたくさんありますが、ICカードは電磁誘導という仕組みでワイヤレス送電をしており、電池等を内蔵することなく、かざすだけでカードに電力が供給され、利用できるようになっています。
この製品はその電力を奪い取って光らせてしまおう!という代物です。同じ仕組みを利用した光るパスケースといった既製品はお値段が張りますが、これはなんと250円。

さっそく電車に乗ってみます。
すげえええええええええええええええええ


NFCをオンにしたスマートフォンの裏に置くと点滅します。NFCで通信を行うとさらに激しく光ります。

実用性がないという点は置いておいて、250円という価格でワイヤレス送電を可視化できるのはとても面白いことではないでしょうか。