2017年3月18日土曜日

ThinkPad X230の起動画面を変更してみた

Xeon(大嘘)

今回はThinkPad X230のブートロゴ(Windowsが起動する前に出てくる画面)を書き換えてみました。
一瞬で消えてしまう画面なのでどうでもいいような気もしますが、せっかくやったので自分用メモとして書いておきます。なお、あくまでも自分用メモなのであなたのThinkPadがぶっ壊れても私は知りません。

まずはここからBIOS書き換えツールを落としてインストールします。

GIMPで画像を新規作成します。一応1366x768でも通りますが、表示がおかしくなるのと、設定変更が必要なため640x480で作成するのがベストです。詳しくはC\DRIVERS\FLASH\g2uj24jp\BIOS_LOGO.TXTを見てみてください。

なお、640x480で作成しても自動で16:9に引き伸ばしが掛かるので、16:9で一度作ってから640x480にリサイズするほうがいいかもしれません。
画像をjpgでエクスポートします。プログレッシブからチェックを外してから、画像ウィンドウでプレビューにチェックを入れ、品質スライダーを動かしてファイルサイズを30kB以内に収めます。

作成した画像をC\DRIVERS\FLASH\g2uj24jpにLOGO1.jpg、LOGO2.jpgにリネームして投下します。

同フォルダのWINUPTP.EXEを実行しBIOSを書き換えます。

Are you Z97ld?

何度か再起動がかかって、起動画面が変わっていたら成功です。
(1366x768でやったので下1/3が途切れていますが)

なお、このような砂嵐になった場合は画像保存時のプログレッシブ解除忘れなので一度解除してから再度書き込み直してみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿